ハーレー

ハーレーのエンジンガードは実用的なカスタムパーツ

ハーレーのカスタムパーツは車体に彩りを持たせるアクセサリーというイメージがあります。装飾に特化したパーツもありますが、カスタムパーツは元々、実用的な部品に華やかな雰囲気を持たせることを目的として作られた物です。そのため、車体の走行性能を向上させたり乗員の安全を守る効果を持つカスタムパーツこそが本質と言っても過言ではありません。

カスタムパーツの中でもエンジンガードは特に実用性を重視していると言えます。エンジンガードは車体の外側に突き出た形で取り付けるパーツであり、名前の通り、ハーレーのエンジンを守る目的で装着されます。ハーレーが倒れた際にエンジンが地面に当たって壊れてしまうのを防ぐにはエンジンガードが欠かせません。

ハーレーに限らずバイクはエンジンが剥き出しの状態です。また、バイクは横方向に倒れやすいため、四輪車よりもエンジンの破損リスクが高いと言えます。
エンジンガードは愛車のエンジンを壊さないようにするだけではなく、乗員の怪我も軽減させる効果があります。転倒時に負う怪我は地面にぶつかった衝撃よりも車体に体が挟まれるケースが多数を占めます。エンジンガードは重たい車体を支えるつっかえ棒の役目があるので、転倒しても地面と車体の間に体が挟まれることがありません。そのため、乗員が怪我を負うリスクを大幅に減らすことができます。そのような理由から、エンジンガードは非常に頑丈な素材で作られています。カスタマイズする際も強度を何よりも重視することが大切です。

カスタムパーツの中には装飾にばかりこだわり、強度に問題のある物が稀に存在します。転倒時の怪我を防ぐため、エンジンガードをカスタマイズする際はパーツ選びに細心の注意を払うことを忘れてはいけません。