ハーレー

旅に出るのに適したハーレーの選び方

ロングツーリングをする際にハーレーの選び方というものがあります。近場ならそれほど気にならないのでしょうが、長く乗っていれば、それだけ体に負担がかかるため、旅に向いているバイクとそうでないものとではかなり違ってきます。

まず、風防が取り付けられているハーレーがおすすめで、これがあると体に風が当たるのを避けられます。それから、ドライビングポジションはできるだけ前かがみにならないようなものにしておきたいです。

スポーツタイプのようなものだと、次第に腰や腕が痛くなるからです。旅といえば着替えやパンク修理のための工具などの荷物が必要ですが、リュックを背負っていると肩や首、やはり腰にも余計な力が入ってしまうため、長距離の際には避けておきたいのです。

そこで、リアボックスやカバンが取り付けられているハーレーが良いでしょう。好みにもよりますが、できるだけ楽に運転できるものを選ぶことで、疲労を減らせるため、同時に事故を起こす確率も減らせます。