ハーレー

ハーレーの選び方は雰囲気を大事にする

ハーレーはモデルによって雰囲気が大きく変わってきます。アメリカの直線道路を一定の速度で走るような旅を目的にしているような場合なら、ツアラータイプがそのイメージにぴったりになります。

装備もキャリーバッグも付いていますし風防も付いています。完全に長距離を旅するモデルです。旅などにも対応が出来てしかも1950年代ぐらいまでのイメージにしたいならば、そういう雰囲気を味わう事が出来るバイクもあります。

逆にスポーティーな走りを堪能したいのであれば、排気量が900CC弱のモデルもあります。当然リッター越えのバイクよりも軽いですし取り回しも非常に楽です。

街乗りにも適しているバイクです。普段から目的を問わず乗りたいのであれば軽めのバイクが選択肢に入ります。他にも空冷のイメージが強いハーレーですが、水冷エンジンのタイプもあります。

攻撃的なライディングポジションで従来のものと違ったイメージを味わいたいのであれば楽しみなバイクです。選び方は旧車も含めれば無限にあります。