液体

ハーレーの洗車

ハーレーは構造上、スチール部分が多く、エンジン部分がむき出しであったりと、洗車を怠ると汚れや錆が目立ってしまうバイクです。愛車を洗う作業は普段よりハーレーと向き合うことが出来る時間にもなりますので、メンテナンスという面でも重要な作業となります。

基本的な作業の流れは、まずバイクのシートや小物などを取り外し、キーホールやエアクリーナーの取り込み口にマスキングを施したら全体を濡らして汚れを浮かしていきます。

大きな泥汚れなどはそのまま流し落とし、その後に出来るだけ柔らかいスポンジにバイクシャンプーをつけて、ボディの上から下に向かって洗っていきます。この時、力を入れ過ぎないように、表面を撫でるようにすることがポイントです。
またエンジンより下の足回りなどはブラシを使ってしっかりと洗うようにし、この時にカスタムパーツの汚れなどもしっかりチェックして、外した方が洗いやすい場合は外して洗ってもよいでしょう。 最後に水分をしっかり拭き取って、グリスや潤滑剤など塗布したら仕上げのワックスがけです。 覚えてしまえば洗車はそれほど大変な作業ではありませんので、しっかりと定期的に行うようにしましょう。