ハンドル

ハンドルカスタムには要注意

ハーレーダビッドソンのハンドルをカスタムするのであればサイズには注意しましょう。日本はミリメートル、センチメートルといった単位が基準となっていますが、ハーレーダビッドソンの本場アメリカでは、インチという単位が基準になっています。

1インチは2.54センチメートルなのですが、このサイズの相違こそがカスタムをする上で要注意なのです。日本のオートバイメーカーのハンドルバーの直径は22.2ミリメートルというサイズで製造されていますが、ハーレーダビッドソンは直径が1インチで製造されています。

ですので、グリップやポスト、スイッチボックスなど、周囲を構成しているパーツもそのサイズに合わせて作られているのです。
このサイズをしっかりと把握しておかないとせっかく購入したカスタムグリップやポストも取り付けできない、といったトラブルに見舞われてしまいます。もしも不安であれば、ハーレーダビッドソンの専門ショップに相談してみるとよいでしょう。