タンク

タンクカスタムを楽しもう

ハーレーをカスタマイズする際に、人気が高く、マシンの雰囲気を変えることの出来るパーツといえば、タンクではないでしょうか。この部分は近年、航続距離を伸ばす為に、またインジェクションが採用されたことにより、ポンプを内蔵する必要がある為に段々と大型化してきています。

現在人気のスタイルであるコンパクトチョッパー等は、各部分を小さくまとめていくので、当然この部分も小さくなければバランスがとれません。そこで購入されるのがカスタムタンクです。各パーツメーカーから様々な形の物が販売されていますので、お気に入りの物が見つかるかもしれませんが、マシンの年式によって装着出来る物と、装着出来ない物がありますので、注意が必要です。

また、最近ではカスタムショップ等で、一から作ったり、純正品を加工したりする場合もあり、いずれも世界に一つだけのオリジナリティに溢れています。
カラーリングを変えたり、ピンストライプを入れたり、取り付ける位置を変えたりと、カスタマイズする際には様々な手法があり、どれを選んでもあなたのハーレーのイメージをガラリと変えてくれることでしょう。