ブレーキ

ブレーキカスタム

ハーレーのカスタムをする時に他の大部分の場所と違って、ブレーキの場合は安全性を高めるということが最も重要になります。特に旧車に乗っている場合は現在のものよりも制動力が弱いタイプが採用されています。2000年以降の車種はこの仕様が変更されて制動力が高まっています。

中古車も大人気のハーレーですから安全性を高めるカスタムはものすごく重要になってきます。1番簡単な方法はパッドを交換することでしょう。

ノーマルのものよりもセミメタルやメタルといったものに交換していくと制動力が高まります。レバーを引いた状態で緩やかに効果を発揮していくノーマルタイプと強い効き目がすぐに出るメタル系では効果の違いがすぐに実感出来ます。
特に雨の日に乗ることが多いならば安定して効果を発揮するメタル系を選ぶのがベストです。パッド交換でも制動力に不満が残る場合はキャリパーを交換するといいです。大掛かりな交換になるとマスターシリンダーやブレーキホースの交換も必要になってくる場合があります。